有限会社 久田瓦店

静岡県掛川市|屋根リフォームや瓦の葺き替え、雨漏りの修理など瓦のことは久田瓦店へ!屋根工事全般ご用命下さい。

事業地域

静岡県
浜松市~掛川市~静岡市

 

マイリフォームレシピ
弊社はマイリフォームレシピに登録されています

 

HOME»  雨漏りについて

雨漏りについて

雨漏りの原因

雨漏りの原因

 

雨漏りの原因というとまず屋根と思いがちですが、雨漏りは屋根からだけではないのです。ここでは良くある雨漏りの原因をいくつかご紹介致します。

屋根からの雨漏り
1.瓦の割れ・ズレ
瓦が割れていたりズレていたりすると雨は瓦の下に入ります。瓦の下には下葺材が施工されているためすぐには家の中までは入って来ない事がありますが、瓦の止め付け用の桟木・釘を腐らせてしまいます。

2.棟から
棟瓦は瓦土で高さ調整・固定をして積み上げていきます。瓦土が雨で流されないよう防水の為に漆喰を塗りますが、年数がたち塗替えをする際に重ねて塗ってしまうと漆喰がどんどん外に出てきて雨水を呼び込んでしまう場合があるのです。
または棟瓦がズレたりしても徐々に雨は棟の中に侵入してきます。棟からの雨漏りの特徴ですが、瓦土がある程度水を吸い込んでいるので家の中まで入ってくるのには時間がかかります。「棟から草木が生えている。」「漆喰部分にコケが付いている。」などは棟に雨が侵入しているサインです。水分が無ければ草木は育ちません。

3.谷樋に穴
屋根材として軟らかく加工のし易い銅板は良く使われてきましたが、谷樋にも良く使われてきました。しかし粘土瓦と相性が悪かったのです。瓦の上を流れる雨水が銅板の上に落ち続けると銅板に穴をあけてしまうのです。水を集めて流すための谷樋からの雨漏りは比較的早く量も多くなりますのですぐ気づくと思いますが、最近では下葺材の性能が良くなり家の中に漏らずに外へ流れ出てしまうこともありますが、瓦の下を通った雨は雨樋の中には入らないので軒先から落ちてくる雨がどこから落ちてくるのか気をつけてみて下さい。

4.壁際から
壁際は瓦の割付によって切断加工されたもので納めてある場合がありますので、雨が入りやすい場所になります。壁際には板金の捨て水切りを施工しますが、以前は捨て水切り無しで施工されている場合もありました。

その他の雨漏り
屋根以外から台風や風を伴う雨・豪雨の場合以下の原因等が考えられます。
1.外壁やサッシ廻りから
2.ベランダの防水
3.樋の外れ・つまり

 

雨漏りの調査

雨漏りの調査

 

■雨漏りを調査致します。
外から見て分かる場合もございますが、必要であれば内部からの調査もさせて頂きます。
大切な家のことですからどうぞプロの調査にお任せ下さい。

無理に内部など見ようとすると、危険な場合もございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。
もしお問い合わせ頂く時は、心配な箇所、内容などお伝え頂けるとスムーズに調査ができると思います。
診断箇所、内容によってはお金がかかる場合もございますが、事前にご案内させて頂きますので、ご安心下さい。


綿密に調査、判断し、最適な処置を致しますので、万が一の場合も考えて、お気軽にご相談下さい。