有限会社 久田瓦店

静岡県掛川市|屋根リフォームや瓦の葺き替え、雨漏りの修理など瓦のことは久田瓦店へ!屋根工事全般ご用命下さい。

事業地域

静岡県
浜松市~掛川市~静岡市

 

マイリフォームレシピ
弊社はマイリフォームレシピに登録されています

 

HOME»  こんな屋根にはご注意を!

こんな屋根にはご注意を!

こんな屋根にはご注意を!

こんな屋根にはご注意を!

 

こちらでは危険な屋根の代表的なものを紹介しています。

弊社は屋根のメンテナンスはお住まいを守る第1歩だと考えています。

ぜひ、ご自宅の屋根と照らし合わせて御覧頂ければと思います。

 

1.瓦の割れ、欠け、ズレ、浮き

1.瓦の割れ、欠け

 

一般的でよくみられる危険な屋根です。放って置くと、

1.雨天時に家屋内部に雨水が進入し、雨漏りの原因となります。

2.さらにそのままにしておくと屋根が腐り、家屋の倒壊の危険が増します。

3.割れた瓦が落ちて怪我の原因となります。


こういった危険性を持っていますので、早めのメンテナンスをおすすめします。

 

2.棟瓦のズレ・抜け・くずれ

2.屋根に土が出ている

 

最近は地震・台風・竜巻・突風など自然災害が多く発生し住宅に被害をあたえています。

瓦が落下してきたお宅ではすぐに気付き修理をしますが、瓦が落下してこないと気づかずにそのままになっているお宅がかなりあるようです。

ご近所同士でお互いの家の屋根を見てみると良いかと思います。

屋根に上がっての点検は危険ですので専門業者に任せた方が良いでしょう。

 

3.谷樋に穴があく

3.藁が出ている

 

こちらも屋根を葺く際に下地に使われた藁が飛び出ています。

このような場合も、雨漏りや家屋損傷の原因となりますので、発見次第早急な対処を行って頂くことをおすすめします。

 

4.棟漆喰の欠損

4.漆喰がはがれている

 

こちらは屋根と瓦の間の下地の土が飛び出さないようにコーティングした「漆喰」がはがれた様子です。

漆喰は防水・化粧の役割があり、汚れていても機能的には問題ありませんが、漆喰が外れるとその奥の瓦土がむき出しになり雨でだんだんに流され雨漏りの原因になり、棟がくずれる原因にもなります。

 

5.屋根裏を見てみましょう

5.屋根裏を見てみましょう

 

屋根の外からしか屋根の状態をはかれない訳ではありません。屋根裏をのぞいてみましょう。

写真のように、水が壁を伝って来たような後があるときは要注意です。部屋の中に雨漏りはしていなくても、確実に雨水は家屋内に侵入しています。雨水を屋根がブロックしきれていない証拠です。

このときは早急に屋根の状態を確認し、メンテナンスを行うことをおすすめします。